豆知識


一軒家やマンションなど、物件を所有する事のメリット・デメリットを理解せず購入すると後々、後悔する事になるかも知れません。そこで、ここでは皆様に関係のありそうなメリット・デメリットを簡単に纏めたいと思います。年代によって、状況や捉え方、考え方が変わるので一概には言えませんが、年代別のメリットデメリットもご自身に置き換えながら読んで頂けますと幸いです。

物件購入の前に”賃貸”と”売買”どちらが”お得?!” を一番重要視して検討したとよく聞きます。この件に関しては今直ぐにどちらがお得という話は出来ません。何故なら、皆様のニーズや状況がそれぞれ違う為、一概には言えないというのが実態です。しかし、皆様に合った選択肢はある程度、把握する事が出来ます。

① 毎月かかる費用:

賃貸の場合でも、売買の場合でもいずれにしても、毎月の費用(家賃やローン)は同じようにかかります。

戸建て売買の場合、毎月の”ローン”の支払い、マンションの場合は毎月のローンに加えて、”修繕費”や”管理費”などがかかりますし、賃貸の場合は”家賃”が掛かります。

 

例えば、毎月同額を支払う場合、売買の場合は住宅ローンさえ支払ってしまえば、”現物資産”としてマイホームが残ります。が、一方で、賃貸の場合は残りません。ただ、突然の引っ越しや、ライフスタイルの変化に対してリスクなく、柔軟に対応出来るのは賃貸物件の場合となります。また、賃貸物件の場合は費用である家賃を自分でコントロール出来ます。

 

②賃貸と売買の違い:

初期費用:賃貸と売買物件ではどちらの方が資金的に余裕が出るのか、というと、売買では頭金が必要な事が多く、賃貸よりも高くつく可能性があります。

現物資産:売買はローンを支払った後、最終的に資産が残りますが、賃貸の場合は物件資産は残りません。ただ、賃貸の場合は資金的な流動性は高くなります。

 

メリット:

現金資産の流動性という意味において、賃貸物件の方が高い為、比較的若い世代の人たちにとって、選びやすい選択肢となります。一方で、売買物件の場合は、老後の事を考えると”現物資産”が残るので、ローンを払い終わる時期をよく検討した上で、計画的に購入する事で、老後の”安心”を得る事が出来ます。

デメリット:

売買物件の場合、ローン支払い前に引っ越しや、災害等があった場合、簡単に家を手放す事が出来ず、非常い身動きがとりにくい状態になりがちです。

一方で、賃貸物件の場合、初期費用や老後に入るまでは給料次第の生活を過ごしていれば、生活出来ますが、老後、家賃として100万程所持していなければ、生活出来ない状況に陥ります。